「フォトネットみなみ」顧問 故細田先生の思い出

清水宏宰さん

 細田先生の想い出
 長い間ご指導を頂いた先生の、突然の訃報に接し、寂しさをこらえきれません。
 思えば先生との出会いが強く心に残っています。
 それはまださいたま市になる前、浦和市展の表彰式の時でした。
 たまたま私の作品が議長賞に入賞し、細田先生より賞状を頂きました。
 第30回の記念展覧会という事で、副賞に浦和市在住の工芸家に依頼したベル鐘鈴を頂きました。
 先生がにこやかな顔で鈴をふり澄んだ音色を自慢気にしていた様子が今でも脳裏に焼き付いています。  今久しぶりに澄んだ音色を聞きこれは私の一生の宝だと改めて思いました。

フォトネットみなみ会長 清水宏宰さんから
「フォトネットみなみフォトギャラリー」トップページ掲載メッセージ

訃報 フォトネットみなみでいつもご指導頂いているかねてより病気療養中の細田先生が
お亡くなりになりました。
思えば私が、故宮田会長に細田先生を紹介し二人でご自宅にお邪魔してご指導の件を
お願いして、快諾して頂いたのが昨日のように思いだされます。
南区を撮ろうフォトコンテストの審査をはじめ、作品の講評バス旅行の参加等本当に
いろいろお世話になりました。
フォトネットみなみの会員の皆様と共にご冥福をお祈り申し上げます。
                                フォトネットみなみ会長清水宏宰
花島敏夫さん

 細田先生から8年前フォトネットみなみ入会時に、「写真は、とにかく丁寧に撮りなさい。」
 と優しい言葉をいただき、いまでも実行しています。
 おかげさまで「さいたま市美術家協会」にも入会させていただき、細田先生には感謝の毎日で、
 写真を撮っています。本当にありがとうございました。
塚田俊明さん

 細田先生を偲んで
 それは第一回撮影旅行、白駒の池帰りのバスの中
 先生もお疲れのはず、しかし一人一人に「今日の撮影会は如何でした」
 と声をお掛けになっておりました。お人柄が偲ばれる一コマでした。
 写真は一昨年の埼玉写真サロン会場で、たまたまいらっしゃいました
 先生が奨励賞の受賞を喜ばれ、講評を戴いた時のものです。先生にお会いしたのは
 これが最後と寂しいばかりです。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
                         
高野裕子さん

 細田先生には、いつも優しい笑顔で、ご指導していただきました。
 特に初めて勉強会で選ばれた写真をとても誉めていただき、市展に応募するきっかけになりました。
 その言葉を動画に撮ってあり、聞き返してみると、懐かしい気持ちで一杯になります。
 本当にありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。
「フォトネットみなみ」顧問 細田先生が2021年1月15日にお亡くなりになりました。
私ども写真クラブ会員と行動を一つにして写真技術アップの手助けを担当していただきました。
故細田先生と行動を一つにした会員たちの感謝の気持ちと思い出を掲載します。

トップページに戻る

小杉要さん

 細田先生のご逝去を悼み謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
 写真は、2012.6.10、参加された撮影旅行で山中湖に行った時に撮影中の先生を撮ったものです。
 先生はめったに三脚を使用しないとのこと、両脇をしめ両足を踏ん張って撮る、三脚は要らないとの
 ことを教わりました。
野間美紀子さん

 カメラを持った時は「脇をしめて、自分が三脚になりなさい」
 戦場ヶ原の撮影会で、写真をはじめたばかりの私へのアドバイス。
 せせらぎと流木を撮っていた時、先生がいつものように穏やかな口調でおっしゃられたひと言、
 その時の景色とともに今でもはっきり覚えています。
 心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 
萩原章弘さん(フォトネットみなみ顧問 さいたま市議会議員)

 
フォトネットみなみ顧問 故細田益弘様の逝去の報に接し心よりお悔やみ申し上げます。
思い返せば温かい人柄、優れた作品で輝かしい賞を多数受賞されてきました。
会員への講評も穏やかな口調で良い所を引き立てる内容で「新しい気付き」を頂きました。ありがとうございました。
 例年秋に行われている「さいたま市美術展覧会」では、平成17年より写真部門の委員に就任されており、2016年のさいたまトリエンナーレでも写真を出品されました。
また、ゴールデンクラブの会長や市民オペラなどでも活躍されてこられたと伺っております。
穏やかで温厚な細田さんの笑顔を忘れません。
細田様

このたびは逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
細田先生には、さいたま市合併で南区が誕生した時に、地域文化の向上を目指し、
南区写真展を企画実施したときからボランティアでご指導いただいております。
写真に音楽にと造詣が深く、さいたま市の第一人者の先生から写真の指導を
受けたこと本当に感謝しております。
お陰様で南区写真展も南区から後援を受け、開催も16年目になり、
さいたま市内での区単位での写真展として高い評価を受け続けられていますのも、
細田先生のお力のおかげと感謝しております。
また写真技術向上と親睦のために毎年開催しているバスでの関東各地への
撮影旅行で先生から撮影の実地指導を受けられたことも、
会員の楽しい思い出として記憶されております。

諸事情でご葬儀を行なえないとのこと、
郵送で失礼でございますがご香典を供えさせて頂きます。
先生の安らかなご永眠をお祈りいたします。
 
 19日に香典を郵送したときに添付したフォトネットからのお礼文です(矢沼)。
矢沼克則さん

 2006年5月に宮田さんと細田先生でスタートさせた「フォトネットみなみ」。
 この写真は初めてのバス旅行の7月下見と44名が参加した10月本番の細田先生です。
 みんな若いですね。このいつも穏やかで優しい細田先生が忘れられません。
 そし て写真に対する真摯な姿勢を私は教えられた気がします。「フォトネットみなみ」への
 15年間のご支援、ご指導、本当にありがとうございました。
 細田先生のご冥福をお祈りします。
田中立二さん

 赤城山、群馬フラワーパーク 2009年5月31日
 フォトネット創立以来細田先生には大変お世話になりました。ご冥福をお祈りいたします。
上野恵子さん

 細田先生へ
 まだまだ未熟なのに、いつも優しく評価して頂いた思い出が心に残っております。
 ありがとうございました。
 ご冥福をお祈りいたします。
        
赤座幸男さん

 先生との、想い出と言える程の事では有りませんが、
 今から20年程前に、ある撮影地でお弟子さん達へ
 熱心に御指導なさっているお方、私も写真を始めた
 ばかりで御指導の様子が気になり、何気なく盗み聞き、
 その2年後、フォトネット創立会の席上に顧問として見覚えの有るお方
 まさしくあの細田先生ではありませんか、ビックリ、驚きました。
 この事は先生にお話ししたことはありません、これが先生の思い出です。
 ご冥福をお祈り申し上げます。
                                  
阿久津サユリさん

 細田先生へ
 細田先生は、常に穏やかで優しい眼差しで私たちをご指導してくださいました。
 作品展でお会いした時など、丁寧に作品の講評をして下さったお姿を思い出します。
 これからもご指導していただけると思っておりましたので、非常に残念です。
 細田先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

大山勝己さん

 細田先生 ご指導ありがとうございました。
 私、「フォトネットみなみ」以外の写真クラブに所属していません。
 そのため、写真を評価していただけるのは細田先生しかいませんでした。
 先生は私にとってとても貴重な存在でした。
 ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

平成26年6月1日 初夏の撮影旅行「南魚沼 雲洞庵」にて撮影した集合写真です。
細田先生がフォトネットみなみ会員との集合で写っている最後の写真です。

ページの先頭に戻る